TOP > 臨床工学技士とは

臨床工学技士とは

臨床工学技士とは

皆さんに「病院の中で働く人は?」とお尋ねすると、先ずは医師と看護婦、次に臨床検査技師、レントゲン技師(診療放射線技師)、リハビリの技士(作業療法士、理学療法士など)を思い浮かべることでしょう。実は病院の中には様々な職種の医療従事者が働いており、私たち『臨床工学技士(国家資格)』も医療従事者の一員として日々の業務に励んでいます。

では、臨床工学技士の仕事とは何でしょう。臨床工学技士の仕事のイメージは、まさに「縁の下の力持ち」です。あまり目立ちませんが現代の医療にとってはとても重要な仕事をしています。臨床工学技士の業務は、病院で日常的に使われている『医療機器』が患者様に対して安全に使用されるように、機器の「保守点検」と医療従事者への「教育」をおこなうことです。


さらに医療機器の中で『生命維持管理装置』と呼ばれる、人の呼吸、循環、代謝などの生命維持に直接関わる機能を代行したり、補助したりする特別な装置に関して、臨床工学技士は医師に代わって『操作』をおこないます。

現代の医療には高度な医療機器が必要不可欠です。今後、益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手として、医学と工学の両方の知識を合わせ持つ臨床工学技士が、今日も医療現場で活躍しています。

臨床工学技士になるには

臨床工学技士になるには国家試験に合格する必要がありますが、国家試験を受験するためには受験資格が必要です。受験資格を得るには臨床工学技士養成校(大学、短期大学、専門学校)において厚生労働大臣の指定する科目を修得します。その後、国家試験を受験し合格すると臨床工学技士の免許を取得することができます。

受験資格の得られる学校のリストは(財)医療機器センターの「臨床工学技士国家試験」のページ内に一覧がありますので、ご参考になさってください。

臨床工学技士になる方法

臨床工学技士とは

ページトップへ戻る